研究室メンバー

2021(R3) 年度の研究室メンバー

教授 渡辺 幸信 (WATANABE Yukinobu)
プロフィール等はこちらをご覧ください。
准教授 金 政浩 (KIN Tadahiro)
プロフィール等はこちらをご覧ください。
助教 川瀬頌一郎(KAWASE Shoichiro)
プロフィール等はこちらをご覧ください。
事務補佐員 古賀 瑠美子 (KOGA Rumiko)
博士3年

学振特別研究員

佐藤 光流 (SATO Hikaru)
研究テーマ:環境中宇宙線ミュオンエネルギー分布の計測とその応用に関する研究
博士3年 青木 勝海 (AOKI Katsumi)
研究テーマ:加速器中性子源を用いた医療用RI製造に関する研究
博士3年 竹下 隼人 (TAKESHITA Hayato)
研究テーマ:重陽子入射中性子生成反応に関する研究
博士2年

学振特別研究員

亀井 智子(KAMEI Satoko)

研究テーマ:環境中宇宙線ミュオンエネルギー分布の計測とその応用に関する研究

博士2年 BASIRI Hamid

研究テーマ:大型構造物用ミュオグラフィ計測システムの開発

博士1年 岡本 直也(OKAMOTO Naoya)
研究テーマ:大型構造物用ミュオグラフィ計測システムの開発
博士1年 鄧 亦凡(DENG Yifan)

研究テーマ:半導体デバイスにおける宇宙線ミューオン起因ソフトエラーの研究

博士1年 宮武 立彦(MIYATAKE Tatsuhiko)

研究テーマ:レーザ駆動イオン加速器に関する研究

修士2年 西津 美咲(SAITSU Misaki)

研究テーマ:長寿命核分裂生成物の核変換断面積に関する研究

修士2年 高橋 龍平(TAKAHASHI Ryohei)

研究テーマ:加速器中性子源を用いた医療用RI製造に関する研究

修士2年 高谷 侑一郎(TAKAYA Yuichiro)

研究テーマ:レーザ駆動イオン加速器に関する研究

修士2年 福田 宏哉(FUKUDA Hiroya)

研究テーマ:半導体デバイスにおける宇宙線ミューオン起因ソフトエラーの研究

修士2年 Mary Alfonse

研究テーマ:加速器中性子源を用いた医療用RI製造に関する研究

修士1年 大石 将也(OISHI Masaya)

研究テーマ:半導体デバイスにおける宇宙線ミューオン起因ソフトエラーの研究

修士1年 芝 洋人(SHIBA Hiroto)

研究テーマ:大型構造物用ミュオグラフィ計測システムの開発

修士1年 関口 恒(SEKIGUCHI Wataru)

研究テーマ:大型構造物用ミュオグラフィ計測システムの開発

修士1年 竹本 伊吹(TAKEMOTO Ibuki)

研究テーマ:レーザ駆動イオン加速器に関する研究

修士1年 田中 裕貴(TANAKA Hirotaka)

研究テーマ:環境中宇宙線ミュオンエネルギー分布の計測とその応用に関する研究

修士1年 福永 将太朗(FUKUNAGA Shotaro)

研究テーマ:長寿命核分裂生成物の核変換断面積に関する研究

修士1年 李 坤東(LI Kundong)

研究テーマ:加速器中性子源を用いた医療用RI製造に関する研究

学部4年 奥田 歩夢(OKUDA Ayumu)

研究テーマ:大型構造物用ミュオグラフィ計測システムの開発

学部4年 川田哲平(KAWATA Teppei)

研究テーマ:半導体デバイスにおける宇宙線ミューオン起因ソフトエラーの研究

学部4年 木原 隆弘(KIHARA Takahiro)

研究テーマ:加速器中性子源を用いた医療用RI製造に関する研究

学部4年 中上 直人(NAKAGAMI Naoto)

研究テーマ:環境中宇宙線ミュオンエネルギー分布の計測とその応用に関する研究

※メールアドレスは末尾に@aees.kyushu-u.ac.jpを追加して下さい。

2010~2019年 外国人訪問研究者・研究生

Ali Al-Adili (ウプサラ大学、スウェーデン) 2019.2(2日)
セミナーと共同研究等の打ち合わせ
Byung Joo Min (UNIST、韓国)2018.7(1日)
学術・学生交流の打ち合わせ
Sangjoon Ahn (UNIST、韓国)2018.7(1日)
学術・学生交流の打ち合わせ
Nicholas Dover (関西光科学研究所) 2017.6(3日間)
先端エネルギー理工学セミナーと共同研究打ち合わせ
Anton Antonov (INRNE・ブルガリア)2017.5(1週間)
共同研究等の打ち合わせ(先方負担)
Bekzat Prmantayeva (ユーラシア国立大・カザフスタン) 2017.5(1週間)
共同研究等の打ち合わせ(先方負担)
Galiya Ryskulova (ユーラシア国立大・カザフスタン) 2017.5(1週間)
共同研究等の打ち合わせ(先方負担)
Mitko Gaidarov (INRNE・ブリガリア) 2010.10.4~12.2(2ヶ月)
日本学術振興会外国人招へい研究者(短期)
Riccardo Bevilacqua (ウプサラ大・PhD学生) 2010.2~8(7ヶ月)+ 11月1週間
JASSO留学生交流支援制度(短期受入れ)

 

PAGE TOP