九州大学 大学院総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻・先端エネルギーシステム開発学大講座 エネルギー物理工学教育分野(粒子線物理工学)渡辺幸信研究室

研究室配属希望の皆さんへ

 渡辺研究室では、ミクロな原子核・原子スケールの物理を基礎にして、それを先端科学技術へ応用することに取り組んでいます。もう少し具体的に言うと、粒子線応用分野(粒子線癌治療等)や核融合システムおよび宇宙機器開発に関連して、極微スケールの素粒子・原子核反応で発生した高密度エネルギーが巨視的スケールへ変換・輸送される物理機構を粒子加速器実験や理論計算・数値シミュレーション等によって研究しています。詳しくは「研究紹介」をご覧ください。

 教員と学生が共に学び、お互いに切磋琢磨する活気ある研究室づくりを進めています。また、国内外の研究者や大学院生との共同研究も積極的に行うことで 研究室の活性化を図っています。粒子加速器を使った実験にはメンバー全員が参加し、チームワークで1つの研究をやり遂げる達成感を体験できます。卒論・修論指導を通じて、例えば、放射線応用分野(医療、製造業、分析等)や原子力分野(メーカー、電力、規制当局等)で活躍できる研究者や高度専門技術者の育成 に貢献しています。
(卒業生就職先一覧はこちら)

 一度、研究室を見学に来てください。専門分野やエネ科コースを問いません。粒子線物理工学分野に関心があり、意欲のある積極的な学生を歓迎します。筑紫キャンパスで一緒に、渡辺研究室の歴史を築いていきましょう。
(2015年エネ科卒研配属説明) (在校生の声はこちら)

What's NEW