九州大学 大学院総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻・先端エネルギーシステム開発学大講座 エネルギー物理工学教育分野(粒子線物理工学)渡辺幸信研究室

Contents

研究紹介

研究テーマ5 レーザー駆動イオン加速

次世代の小型加速器の開発のため、加速電位が非常に大きい(>TV/m)レーザー駆動加速器に注目が集まっています。 レーザー駆動イオン加速ではターゲットを高強度短パルスレーザーによってプラズマ化させ、 レーザーとプラズマの相互作用によりイオンを加速します。癌の粒子線治療を含めフロンティア領域での応用を目指し, より高エネルギーのイオンを得るための研究が各国で精力的に続けられています。当研究室では、 量子科学技術研究開発機構・関西光科学研究所の研究グループとの 共同研究として、世界最高レベルの高強度短パルスレーザー発生装置J-KARENを用いたレーザー駆動イオン加速の研究を行っています。 主に、生成されるイオンや電子などの計測装置の設計開発に協力しています。
最近の成果(プレス発表2015/03/10)

レーザー駆動イオン加速の原理 電子スペクトロメータ